病院のご紹介

HOME > 病院のご紹介

病院理念

シンパセインとは(共に感じること)
私たちは、精神科の第一歩は患者様の悩み・苦しみ・あるいは喜びを共に感じることから始まると信じています。そして、その実践に努めます。

基本方針

  1. 自分や家族が病気になった時、かかりたいと思える病院づくりを目指します。
  2. 地域のニーズに根ざした精神科医療を目指します。

ごあいさつ

最近の医療を取り巻く環境は大きく変化しています。病気の治療法の進歩、患者様のニーズの変化、また医療経済においては、皆様もご存知の通り大変きびしくなりました。
私どもは平成15年 10月に新病院、平成18年4月に地域活動支援センター「ホーリークロスセンター」を竣工し、平成18年11月には病院機能評価認証を受け、こういった変化に対応して参りました。
しかし変わらないものもあります、それは医療に取り組む姿勢であり、人に対する「やさしさ」ではないでしょうか。これは利潤の追求を第一と考える企業ではない非営利な団体で、日本の医療を行ってきたことによる伝統であります。これが今までの日本の医療を支えてきたものだと考えております。
マスコミで「医療崩壊」という言葉がよく聞かれるように、昨今の医療情勢は大変厳しものでありますが、これからもこの「やさしさ」を大事にして、今の時代に必要とされる患者様のための精神科病院を目指し今後も職員ともども努力していく所存です。

聖十字病院 院長 田伏英晶

患者様の権利

当院は、患者様の立場に立った良質で安全な医療の提供、患者様中心の医療を推進し、信頼される病院を実現するために、患者様の基本的な権利を明確にし、これを尊重します。

  1. だれでもどのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 医療を受けるにあたって、一人の人間としてその人格・価値観などを尊重され、相互の協力のもとで医療を受ける権利があります。
  3. 病気・検査・治療などについて十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療を受ける権利があります。また、他の医療機関の医師の意見を求める権利があります。
  4. 自分の診察に関する情報の提供を求める権利があります。また、あなた自身の身体や病気、他人に知られたくない個人情報、及びプライバシーは守られます。

診療科目と診療時間

診療科目

精神科、神経科、診療内科、歯科

診療時間

午前9時より午後12時30分

沿革

     

平成28年12月17日

電子カルテ更新

平成28年7月1日

病床数変更 289床→288床

平成27年10月1日

法人名変更 社会医療法人聖泉会

平成24年12月28日

B病棟改修工事完成(総病床数289床)

平成23年11月20日

病院機能評価ver6.0 取得

平成21年9月1日

電子カルテ導入(聖十字クリニック)

平成21年8月1日 電子カルテ導入(病院)

平成19年4月1日

法人名変更 特定医療法人社団聖泉会

平成18年11月20日 病院機能評価認証を受ける
平成18年4月1日 「聖十字クリニック移転」土岐ステーションビル東隣に新設。
同時に、地域活動支援センター「ホーリークロスセンター」を2階に併設。支援事業を開始。
平成17年4月1日 訪問看護開始
平成15年10月1日 新病院開院(総病床数291)
平成15年9月24日 新病院竣工完成 竣工式
平成15年2月1日 開院40周年
平成12年12月1日 精神科デイケアセンター新設開所
平成5年2月1日 開院満30周年
昭和63年5月23日 新老人病棟完成(総病床数345)
昭和63年2月1日 開院満25周年
昭和56年2月21日 本館増築並びに開放病棟新築完成(総病床数291)
昭和54年2月17日 新本館(診療管理棟)及び老人病棟新築完成(総病床数213)
昭和52年4月16日 土岐市駅裏「土岐ステーションビル」2階に外来部門として「聖十字クリニック」開設
昭和48年6月22日 新病棟新築完成(総病床数180)
昭和48年2月28日 職員合同宿舎(4戸)新築完成
昭和47年10月1日 医療法人社団聖泉会経営に改組
昭和47年8月8日 医療法人社団聖泉会開設
昭和43年11月30日 看護婦宿舎「聖和寮」新築完成
昭和43年6月14日 病棟増築完成(総病床数132)
昭和40年1月29日 開放病棟新築完成(総病床数116 )
昭和39年9月2日 病棟増築完成(総病床数94)
昭和38年4月1日 精神衛生法による指定病院
昭和38年2月1日 精神・神経科病院として開院病床数70)

地図

 


 
このページの先頭へ戻る